インテリアの欲求

どうも~~~~!リトミックスズエと申します。

 

あたくしね、現在、実家にいるわけなんですけれど。戸建てなものだから、ある程度は自由なことができるじゃないですか、だからこの頃はインテリアに対する熱がスゴいのです・・

 

でも(いつかはいえを出るのかもしれない)とか、一方では(いちど出たのに戻ってきたということは一生ここに住まうかもしれない)とか、とにかくいろんなことがよぎるから何にもならないってわけなんです。

正直なところ、自立なんてパワーがあたくし自身にあるのかも定かでないし、だからといって実家で最期を迎えるなんてそんなのは恐ろしいことです。

 

なるだけ物を減らしておこうと“終活”に取り掛かりつつあるわけなんですが、これがはたして上手くともわからない。どうせ最期は一人なんだし、墓場に持っていくとしたらポシェットのひとつくらいがちょうどだと思いませんか。

まあでもそのために思い出を作らないってのは薄情だし、いくぶんかは許容しないとならないところではあるでしょうね・・

 

とにかく、人生80年ですから、アッサリとした人間にならない程度にやることだと思います・・